サービスを利用する前に確認すべき情報

遺品を再利用

不要な品物はリサイクル用品店に買取ってもらえれば、金額がいくらか戻ってくるので得です。遺品買取も同じようなシステムですが、故人の遺品整理も行ってくれることがあります。

詳細を確認する

葬儀までの流れ

人が亡くなったときには葬儀が行われることになります。葬儀会社に頼めば必要なことは教えてくれます。プランにも直葬などのいろんなプランがあります。この形式は最も安いプランになります。

詳細を確認する

専門の貴金属買取

貴金属価格に高値が付いているので、買取業者の利用も選択肢に入れてもよいでしょう。

金やプラチナなどの貴金属価格が比較的高値で推移している昨今、家庭で使用されずに眠っているジュエリーやコイン、地金などを買取ってくれる業者に人気が集まっています。特に貴金属に関してはマーケットの規模が大きく国際相場がしっかりしていますので、多くの買取業者ではその日の売買レートを提示し、国際価格に準じた価格で売買をしているはずです。ですから、業者間で買取り価格が異なるとすれば、レートや手数料、鑑定料などの計算方法による差異が原因だと思われます。買取業者には専門の鑑定士がおり、貴金属の場合ですとX線を利用した機器などで、成分や純度等を正確に鑑定し、貴金属の量目に基づいた買取価格を提示することでしょう。

着物も鑑定の上、買取ってもらえます。

多くの買取業者は貴金属だけではなく、骨董品や切手、着物等も買取の対象としていることが多いです。現代のライフスタイルにおいては日常的に使用することがほとんど無くなった着物ですが、素材やデザイン、傷み具合等によって変化はありますが、着物は比較的高値で買取ってもらえることが多いのも事実です。多くの買取業者では、着物買取の際も着物の鑑定に秀でた専門の鑑定士が丹念に商品をチェックし買取り価格を提示してくれるはずです。何か疑問点や不審点がある場合は必ず聞くようにするとよいでしょう。結婚式や成人式等に高い金額で購入した着物のほとんどが、それ以来着ることも無く、押入れにしまわれているケースが多いので、特別な愛着があれば別ですが、買取業者で買取ってもらうのも選択肢のひとつです。

高額になる

通常の葬儀をするのであれば100万円以上もの費用がかかります。家族葬をすれば安くなりますが、参列者からの香典が無いことも考慮に入れなければなりません。無理のない形式で充分に行なうことが大切です。

詳細を確認する

大切に扱う

故人の遺品を整理することは遺族にとって辛いことです。また、身寄りがない人や遺族が遠くに住んでいる時にも遺品整理といったサービスは便利に利用できます。業者には引越し業者と同じような、運送の資格を持っている所を選びます。

詳細を確認する

簡単に購入できる

冠婚葬祭ではいろんな道具が必要になってきます。喪服の次に重要なのが、念珠です。この数珠はインターネットでも簡単に購入することができます。貸し借りできないものなので、持っておくと良いでしょう。

詳細を確認する